カテゴリー別アーカイブ: 一人暮らしでおすすめの街

新選組で有名な福島県会津若松市が良いです

福島県会津若松市は、冬場は積雪は多いですが、新選組や白虎隊が大好きな人にはたまらなく素敵で定住したいと思える都市です。

年間通して観光客も多く来訪する都市であり、観光地においても、会津新選組記念館・白虎隊十九士のお墓・会津若松市のシンボルの鶴ヶ城・野口英世青春館・国指定の重要文化財にもなっているさざえ堂や旧滝沢本陣・千利休の子ゆかりの茶室・田村山古墳など、まだまだ数えきれないほどの歴史的有名な観光地にあふれています。

 

体の疲れを癒すのに最適な、東山温泉や芦ノ牧温泉などもあります。鶴ヶ城の春の夜桜の景観は最高に素晴らしいです。

会津若松市はJR磐越西線・JR只見線・会津鉄道会津線が通っており、小学校が19校・中学校11校・公立高校6校・大学も2校あるので、観光客以外にも若い人達も多く住んでいるし、平均家賃相場も1DKから2DKの物件が4万円から5万円にいかない程度の価格なので安いと思うし、一軒家を建てる平均不動産価格が1600万円から1800万円程度となっています。

 

また、子供の出産から高校卒業時まで所得制限なしで医療費や入院費が助成されます。会津若松市のスーパーをインターネットで検索すると、31件の数のスーパーがヒットしたし、日本全国でも名だたる観光地なだけに、チェーン店・居酒屋・カフェなどの飲食店も多くあるので住みやすいはずです。24時間営業の駐車場も多く存在しているし、休日にお出かけスポットが迷うほどあるのがいいことだと思います。

岡山県に住むのにオススメの2つの地域

岡山県は中国地方の南東部に位置していて瀬戸内海に面している県でもあります。

広島や神戸など主要都市への交通アクセスも良いので最近では岡山県に住む人も増えてきています。しかし岡山県はあまり有名な県ではないのでどの地域に住めばいいのか分からない女性も少なくないでしょう。そこで岡山県に住むのにオススメの地域を挙げていく事にしましょう。

 

・岡山市

岡山市は岡山県の南東部に位置していて県庁所在地でもあるので中心の都市になります。

岡山県で人口が一番多い都市でもあるので賑やかな都市でもあります。岡山市には岡山駅があり山陽新幹線や山陽本線が乗り入れているので主要都市への交通アクセスがすごく良いです。

 

また岡山駅周辺には賃貸マンションも立ち並んでいるので自分に適した物件を見つけやすいです。家賃もそれほど高くないので岡山県に住む時にまず選択肢として挙がるのが岡山市になります。

 

・倉敷市

倉敷市は岡山県の南部に位置していて瀬戸大橋があるので四国への交通アクセスがすごく良いです。

また人口も岡山市に次いで2番目の多さなので岡山県の第二の都市とも言えます。

 

倉敷市にある新倉敷駅には山陽新幹線が乗り入れているので主要都市への交通アクセスがすごく良いです。

また賃貸マンションの家賃が岡山市より安く設定されているので家賃を安く抑えたいと考えている人は倉敷市に住むのがオススメです。

 

岡山県に住むのにオススメの地域は岡山市と倉敷市が挙げられます。他の都市は生活をするのに不便な面もあるので岡山市か倉敷市のどちらかを選択しましょう。

高崎市のJR高崎駅周辺のエリアをお勧めします

群馬県の自治体のなかで、もっとも人口が多く、もっとも商業施設が集積していて、交通の便が良いのが高崎市です。群馬県の県庁所在地は前橋市ですが、交通の要衝であり、群馬県における商業の中心地は高崎市です。

 

このため、居住される街としては、高崎市をお勧めしたいと思います。
銀行などの金融機関や、民間企業が群馬圏内に拠点を設ける場合には、高崎市内に支店や営業所を設けます。そのため高崎市は「支店経済」で活気があります。

 

そして生活していくための衣食住という観点では、まずJR高崎駅の西口にはモントレー高崎という駅ビルがあり、駅の東口にはイーサイト高崎という駅ビルがありますので、食材購入には困りませんし、アパレル店も多数出店していますから衣料品の購入に困ることはありません。

 

また、モントレー高崎の最上階には内科クリニックや歯科クリニック、それに神経内科のクリニックが開業していますので体の不調を感じた場合には、通院しやすい環境となっています。それに、高崎駅の東口には大手家電量販店の本店が出店しており、家電製品の購入にも便利です。

 

居住する場所という点では、女性の一人暮らしを前提にすると、エントランスにオートロックが設置されていて、エントランスには管理人が常駐しているワンルームマンションが理想的だと思われます。例えば、高崎駅西口から徒歩10分圏内にある元紺屋町の物件はお勧めできます。

 

多くの商業施設が立ち並ぶ街を通り抜けた場所に分譲賃貸のワンルームマンションがあります。月額家賃は管理費込みで32000円と設定されていますので、価格面で割安感を感じることができると思います。

栃木県で住みやすい地域3選

栃木県は関東地方の北部に位置していて東京から東北地方に行く時の出入り口とも呼ばれています。

東京方面や東北方面への交通アクセスが良いのも特徴で最近では栃木県に住みたいと考えている人も増えてきています。そこで栃木県で住みやすい地域を挙げていく事にしましょう。

・宇都宮市

宇都宮市は栃木県の県庁所在地で北関東最大の都市とも呼ばれています。中核市に指定されていて特に中心部の宇都宮駅周辺は商業施設が立ち並んでいて栄えています。

また宇都宮駅には東北新幹線、東北本線、日光線など複数の路線が乗り入れているのですごく便利です。栃木県の中で家賃は少し高めに設定されていますが、利便性を重視するなら宇都宮市に住むのがオススメです。

・足利市

足利市は栃木県の南西部に位置していて宇都宮市に次ぐ第二の都市と呼ばれています。今までは緑が多くて静かな地域でしたが、最近では商業施設や大型マンションが建設されて栄えてきています。

また足利市はJR線や東武鉄道などが通っているので東京方面へ行くのも便利です。家賃も宇都宮市に比べて安く設定されているので住むのにオススメの地域です。

・小山市

小山市は栃木県の南部に位置していて中心部の小山駅には東北新幹線、東北本線、水戸線、両毛線などが乗り入れています。

東西南北に伸びる路線が乗り入れているので遠出をする時にすごく便利です。また小山駅周辺には駅ビルや商業施設があるので買い物や食事をする時もすごく便利です。家賃も宇都宮市に比べて安く設定されているので住むのにオススメです。

岐阜県で住みやすい地域3選

岐阜県は中部地方に位置している内陸にある県なので緑が多くて自然を感じる事が出来る地域です。

東京や大阪など主要都市とは異なる部分も多いですが、最近では岐阜県に住んでみたいと言っている人も増えてきています。そこで岐阜県で住みやすい地域を挙げていく事にしましょう。

・岐阜市

岐阜市は岐阜県の中南部に位置していて県庁所在地にもなっています。中心部は岐阜駅周辺でデパートなどが立ち並んでいるので買い物をする時にすごく便利です。

また岐阜駅には東海道本線や高山本線が乗り入れているので名古屋方面への交通アクセスもすごく良いです。岐阜県の中心部なのに家賃も安めに設定されているので住むのにオススメです。

・大垣市

大垣市は岐阜県の西部に位置していて岐阜県で第二の都市と言われています。

中心部は大垣市周辺で岐阜駅ほど栄えてはいませんが、東海道本線が乗り入れているので名古屋方面への交通アクセスはすごく良いです。

また大型ショッピングモールなどがあるので買い物をするのにすごく便利です。家賃も岐阜市より安めに設定されているので住むのにオススメです。

・瑞穂市

瑞穂市は岐阜県の南西部に位置していて岐阜市と大垣市に挟まれている地域です。

大垣市と同じように大型ショッピングモールがある他にドンキホーテなど日用雑貨を購入する事が出来る店舗も充実しています。

また緑豊かな地域なので空気が綺麗で気持ち良く生活を送る事が出来ます。家賃も岐阜市より安めに設定されているので住むのにオススメです。

長野県に住むのにオススメの地域3選

長野県は本州の内陸部に位置していて信州と呼ばれている県です。

大規模な山岳地があるので冬の寒い時期は気温が低くなる事が多いです。また冬季オリンピックも開催された事があるので日本だけではなく世界的にも有名です。そこで長野県に住むのにオススメの地域を挙げていく事にしましょう。

・長野市

長野市は長野県の北部にある中心都市で県庁所在地にもなっています。県内最大規模のターミナル駅の長野駅があるので栄えている地域も多いです。

長野駅には新幹線、在来線などたくさんの路線が乗り入れているので東京など周辺都市への交通アクセスも良いです。県内では家賃が少し割高になってしまいますが、利便性が良いので住むのにオススメの地域です。

・松本市

松本市は長野県の中信地方にある地域で長野市に次ぐ第二の都市になっています。中心部は松本駅で周辺にはデパートや商業施設が充実しています。

日用品を揃えるのにも便利で長野県の中でも生活しやすい地域です。家賃も長野市に比べると低く設定されているので住むのにオススメの地域です。

・佐久市

佐久市は長野県の東信地方にある地域で鉄道や道路が整備されているのが特徴です。外出する時に電車や車を利用するのにすごく便利なので佐久市に住む事を考える人も多いです。

また温泉施設も充実しているので体に疲労が溜まった時にすぐ温泉に入る事が出来るメリットがあります。家賃も長野市や松本市に比べると低く設定されているので住むのにオススメの地域です。

新潟県新潟市西区は住みやすい街です

新潟県新潟市は、2015年の北陸・甲信越地方の中で、あの観光地でも有名な軽井沢を抑えて、日本人が住みたい街ランキングの第3位に輝いたこともあるので、住みやすい街であることは確実だと言えます。なかでも、新潟県新潟市の西区がお勧めです。

 

新潟市西区の平均家賃相場は、新潟県全体の平均家賃相場が6、3万円程度なのに対し、1Rから4LDKの広さの物件の家賃相場を見ても安めの価格になっており、1Rで3、7万、1Kや1DKで3、5万、1LDKや2DKで4、9万、2LDKや3DKで5、9万、3LDKや4DKで7、7万、4LDK以上で7、9万円程度になっています。

 

新潟大学前や寺尾や青山が人気です。特に新潟大学前駅は、学生が多いこともあり、格安居酒屋等の飲食店やコンビニが多くあり、スーパーやドラッグストアもあるので、生活品の購入に困ることもないし、通勤・通学における交通網の発達もしているし、アパート等の物件も探しやすいので、治安の面を考えても住みやすいはずです。

 

新潟市は緑や水田が多いので、畑で趣味で野菜を作って家庭菜園をして育てたい人や農家をしたい人にもお勧めできるし、農家レストランも存在します。夏には多くの海水浴客でにぎわう海水浴場もあるし、山も近くにあるので、山の幸や海の幸の食材も豊富に手に入ることは嬉しいです。個人病院から大きな病院もあるので医療面でも安心だし、幼稚園・保育園・小・中・高・大と学校もあるので、単身者だけではなく高齢者から子育て世代まで住みやすい街です。

仙台市青葉区は一人暮らしでも快適に過ごしやすいおすすめエリア

宮城県の県庁所在地である仙台市は、5つの区から成ります。なかでも、東北新幹線の停車駅でもある仙台駅を擁する青葉区は、商業施設や医療機関といった便利な施設が揃っていて、初めて暮らす人でも快適に過ごせるのが特長です。

 

公共交通機関では、JRや地下鉄のほか、バス路線も充実していて、仙台市内のみならず、近隣各所へスムーズにアクセスできる環境が整っています。

 

お買い物スポットとしては、仙台三越やさくら野百貨店仙台店といった百貨店、仙台パルコや仙台ロフトといったトレンドを意識した品揃えが魅力の商業施設、生活に必要な物が幅広く並ぶイオン仙台中山ショピングセンター、など様々な特性を持つ商業施設があり、用途に応じて使い分けることができます。

 

勾当台公園や勝山公園など自然に触れられる公園が多いのも、青葉区の魅力です。リフレッシュして休日を過ごせるスポットに恵まれていて、散策を楽しみつつ、青葉区の地理を知ることができます。

 

また、青葉区は、東北大学や東北学院大学の土樋キャンパス、東北福祉大学といった教育機関が並び、アカデミックで落ち着いた雰囲気が漂う街としても知られています。若い学生向けの気軽に入りやすい飲食店も多く、一人暮らしの人にとって心強い味方となってくれます。和定食をはじめ栄養バランスの整った食事を味わえるお店もあれば、パンケーキなどおしゃれなスイーツを味わえるカフェもあり、色んなシーンで活用できる飲食店が並んでいます。

アクセスや住みやすさを総合して判断

札幌市内は基本的に南北線、東西線、東豊線の3つの路線があり、札幌を網羅しています。

住居を決めていく際には札幌市内を東地区、西地区、北地区、南地区の4つに分けてかんがえていくことが分かりやすいと思います。

 

全体的な治安で考えると西地区と南地区は比較的治安が良いというのが警察の発表、そして口コミなどからの情報です。

北地区、駅でいえば北12条や麻生は家賃もやすめでスーパーや飲食店も多いのですが繁華街で夜女性が一人で出歩く際にはちょっと注意が必要になってきます。

 

東地区、駅でいえば、バスセンター前や新さっぽろ駅周辺はこちらも家賃が安く物件も豊富です。

また、地下鉄の終着駅である新さっぽろはJRもあって駅前も発達していますので買い物のは困らないでしょう。

 

次に南地区です。

こちらはすすきのなど。繁華街はありますが少し離れて、平岸や南平岸などはアクセスも便利で生活も便利。

 

学生の一人くらいが多いくらい家賃も安くなり、住みやすい場所になっています。

また、澄川は自然環境も恵まれています。

 

最後に西地区です。丸山公園、西28丁目などは非常に人気のエリアですが全体的に家賃が高いことがネックかもしれません。

転勤族や移住者も多いのでその人気の高さはいうまでもありません。

 

以上、治安や人気を勘案すると西地区がおすすめなのですが家賃の高さとの相談になってきます。

 

ただし、冒頭でご紹介の電車でつながっていますので移動に際しては大きな不安はないと思います。

茨城県で住みやすい都市3選

茨城県は関東地方の北東部に位置していて太平洋に面している県でもあるので夏の時期は海水浴を楽しむ事が出来ます。

また内陸部は緑が多くて自然を感じる事が出来る環境なので落ち着いて日常生活を送る事が出来ます。

 

そこで茨城県で住みやすい都市をいくつか挙げていく事にしましょう。

 

・守谷市

 

守谷市は茨城県の南部に位置していているので東京への交通アクセスもすごく良いです。

守谷駅にはつくばエクスプレスが乗り入れているので秋葉原まで約30分で行けてしまいます。

 

また新守谷駅にはJR常磐線が乗り入れているので上野まで約45分で行けてしまいます。

東京への交通アクセスを重視するなら住むのにオススメです。

 

・取手市

 

取手市も守谷市と同様に茨城県の南部に位置していて取手駅にはJR常磐線が乗り入れているので上野まで約45分で行けてしまうなど東京への交通アクセスがすごく良いです。

取手駅周辺には商業施設があるので日用品も揃える事が出来ますし閑静な住宅街になっているので住みやすいです。

家賃も相場価格より低めなので住むのにオススメです。

 

・水戸市

 

水戸市は茨城県の中央部に位置している県庁所在地で中心部の水戸駅周辺には水戸サウスタワーなど複合商業施設があるので買い物や食事をする時にすごく便利です。

また水戸駅はJR常磐線、水戸線、大洗鹿島線などが乗り入れているので茨城県内の移動や東京方面に行くのにすごく便利です。

 

家賃も相場価格ぐらいに設定されているので住むのにオススメです。