栃木県で住みやすい地域3選

栃木県は関東地方の北部に位置していて東京から東北地方に行く時の出入り口とも呼ばれています。

東京方面や東北方面への交通アクセスが良いのも特徴で最近では栃木県に住みたいと考えている人も増えてきています。そこで栃木県で住みやすい地域を挙げていく事にしましょう。

・宇都宮市

宇都宮市は栃木県の県庁所在地で北関東最大の都市とも呼ばれています。中核市に指定されていて特に中心部の宇都宮駅周辺は商業施設が立ち並んでいて栄えています。

また宇都宮駅には東北新幹線、東北本線、日光線など複数の路線が乗り入れているのですごく便利です。栃木県の中で家賃は少し高めに設定されていますが、利便性を重視するなら宇都宮市に住むのがオススメです。

・足利市

足利市は栃木県の南西部に位置していて宇都宮市に次ぐ第二の都市と呼ばれています。今までは緑が多くて静かな地域でしたが、最近では商業施設や大型マンションが建設されて栄えてきています。

また足利市はJR線や東武鉄道などが通っているので東京方面へ行くのも便利です。家賃も宇都宮市に比べて安く設定されているので住むのにオススメの地域です。

・小山市

小山市は栃木県の南部に位置していて中心部の小山駅には東北新幹線、東北本線、水戸線、両毛線などが乗り入れています。

東西南北に伸びる路線が乗り入れているので遠出をする時にすごく便利です。また小山駅周辺には駅ビルや商業施設があるので買い物や食事をする時もすごく便利です。家賃も宇都宮市に比べて安く設定されているので住むのにオススメです。