神戸近郊に住みたいなら、神戸市垂水区と神戸市北区がお勧めです。

出来るだけ神戸の中心地に近くて、さらに家賃が安いところをひとつ挙げるとするなら、それは神戸市垂水区です。

この垂水区の売りは、家賃相場が神戸市で一番安いところです。
他の神戸市の区より、5千円から1万円ほど相場が安いので、あまり懐に負担をかけずに、住み続けることが出来ます。
さらに、垂水区から神戸の中心まで電車で20分から30分ほどで行くことが出来るので、利便性の観点からみても、住みよい場所だと言えるでしょう。

 

では、この垂水区の中に気にいった物件がなければどうするべきでしょうか。
その時は、神戸市北区で住居を探すのがよいでしょう。

 

この北区も、家賃相場が垂水区とあまり変わりません。
正確に言えば、千円から二千円ほど北区の方が高いですが、その程度なら、誤差の範囲だと言えるでしょう。
神戸の中心部へも、電車で30分ほどで行けるので、利便性も垂水区とあまり変わりません。

 

ただ、北区に住むならひとつだけ気をつけるべき点があります。
それは、「北区に住むなら出来るだけ南の方に住むこと」です。

 

この北区、その名前の通り神戸の北にある区です。

なので、北に行けばいくほど神戸の中心部から離れて、不便な場所になっていきます。

 

もっとも、北へ行くほど家賃が安くなるので、家賃の安さだけを追求するなら北区のなかでも北の方に住むのもありですが、利便性と家賃の安さをともに追求したいなら、あまり北の方には住まない方がいいでしょう。

 

神戸市垂水区、神戸市北区、神戸近郊に住みたいなら、この2つの区のうちどちらかを選ぶのがよいでしょう。